自分の居場所がないあなたに伝えたいことーー居場所とは出会った人と一緒に創るもの

広告

ひとりで寂しそうにしている画像

突然ですが、今のあなたには、自分の居場所はありますか?

ここで言う居場所とは、あなたにとって、とても居心地の良い場所のことです。その場所に居ると、心身ともにリラックス出来て、あなたがあなたらしく居られる場所です。

その居場所は、家族と一緒に居る場所かもしれませんし、恋人、友人と一緒に居る場所かも知れません。もしくは、職場なのかもしれませんね。

自分の居場所があるということは、とても幸せなことですよね。何か嫌なことがあっても、その場所に行けば、嫌なことを忘れ、また明日から頑張ろうと気持ちを切り替えることが出来ますし。

しかし、その反面、自分の居場所がないと、どうでしょうか?

自分の居場所がないと、人生に生きる意味を見いだせなかったり、ひとりで思い悩んだり、寂しかったり・・・

自分の居場所のない人生は、とても辛いものです。そして、現代人の多くの人達が、自分の居場所を見つけられずにいます。

もう一度聞きますが、今のあなたには、自分の居場所がありますか?

もし、今のあなたに、居場所がないのであれば、それは、あなたが居場所を創ることを怠ってしまったせいかもしれません。

今のあなたが、自分の居場所がないと思っていて、自分の居場所を求めているのであれば、この記事が、きっとお役に立てると思います。

自分の居場所がない人の特徴

ひとりで寂しそうにしている画像

世の中には、たくさんの自分の居場所を持つ人がいる反面、自分の居場所がひとつもない人がいます。

両者の違いはどこにあるのでしょうか?

実は、自分の居場所がない人には、共通した特徴があります。

ここで、自分の居場所がない人達が共通して持っている、特徴をいくつか上げてみます。

  1. 被害者意識が強い
  2. 過度に失敗を恐れる
  3. 自分の考えが常に正しいと思っている
  4. 与えられることだけを待っている

被害者意識が強い

基本的に自分のことを被害者だと思っています。上手くいかないのは、自分の責任ではなく、周りの環境のせいだと考えるため、常に他者を批判することだけに集中します。

過度に失敗を恐れる

小さな失敗ですら、過度に恐れるあまりに、何も行動が出来ないでいます。行動をしないため、現状を変えられないのです。

自分の考えが常に正しいと思っている

常に自分の考えが正しいと思っています。そのため、他人の意見に対して、排他的です。そして、大抵の場合、自分が正しいと思っている考えは、行動をして得られた実績のあるものではなく、自分の中で妄想して生み出した、何の根拠もないものです。

与えれらることだけを待っている

相手から与えられることだけを常に待っています。そして、相手が与えてくれたものが、自分にとって満足出来ない物だと、不平を漏らします。しかし、自分から相手に与えることは一切しないのです。

 

自分の居場所がない人達の特徴をいくつか上げて見ましたが、あなた自身はどうでしょうか?

もし、あなたに、これらの特徴が当てはまっているとしたら、今のあなたに自分の居場所がないのは、なるべくしてなったことなのかも知れません。

たくさんの自分の居場所を持つ人の特徴

パーティーの画像

自分の居場所がない人達に、共通した特徴があるように、たくさんの自分の居場所を持つ人達にも、共通した特徴があります。

今度は、たくさんの自分の居場所を持つ人達が共通して持っている、特徴をいくつか上げてみます。

  1. 責任感が強い
  2. 挑戦的である
  3. 相手の意見を大事にする
  4. 与えられる前に、与えている

責任感が強い

何事も自分に責任があると考えます。上手くいかないときも、それは、自分の責任だと考えるため、常に自分を良くすることだけに集中します。

挑戦的である

行動することでしか、答えが出ないことを知っているので、何事にも挑戦的です。行動をすることで、悪い状況を次々に良い状況へと変えていきます。

相手の意見を大事にする

自分の意見を持ちながらも、相手の意見も大事にします。その理由は、自分が完璧ではないことを知っているからです。他者の意見を自らの考えに取り入れるため、柔軟な考えを持っています。

与える前に与えている

相手から与えられる前に、自らが相手に与えています。常に相手にたくさんのことを与えているため、相手からもたくさんのことを与えられています。

 

たくさんの居場所を持つ人達の特徴を上げて見ました、今度はどうでしょうか?

もし、あなたに、これらの特徴が当てはまっているとしたら、今のあなたに自分の居場所がないのは、一時的なものであり、今は変化の途中であると考えられます。きっと、この先、たくさんの居場所を持つことになるでしょう。

居場所は、いくら探しても見つからない

ひとりで寂しそうにしている画像

ここまでで、自分の居場所がない人と、たくさんの居場所を持つ人の特徴を上げました。

自分の居場所がない人は、総じて、受動的な人生を送っていることが分かったと思います。

あなたは、友達や彼氏(彼女)、家族、仕事仲間、もしくは、新しく出会った相手に対して、「楽しませること」、「気遣うこと」、「幸せにすること」、「慰めること」、「共感すること」、「受け入れること」を心がけていますか?

求めているだけで、相手に対して何も与えようとしない人に、自分の居場所が出来るはずがないのです。

求めるだけの人と、同じ空間にいたい人など、存在しないのですから。

それにも関わらず、自分の居場所を見つけようと、本を読んだり、ひとり旅をしたり、自分の居場所を探し回ります。

しかし、いくら自分の居場所を探しても、自分の事しか考えていない人に自分の居場所が出来るはずがないのです。

居場所とは、出会った人と一緒に創るもの

恋人と一緒にいる画像

自分の居場所がない人は、自分の居場所は、見つけるものだと思っている事が多いですが、それは大きな間違いです。

居場所とは、どこかにあるのではなく、出会った相手と一緒に創るものなのですから。

自分の居場所を創るためには、まずは、あなたが相手に何かを与えることを始めましょう。

あなたが、出会った相手に対して、「楽しませること」、「気遣うこと」、「幸せにすること」、「慰めること」、「共感すること」、「受け入れること」をすれば、相手もあなたに対して、同じ事をしてくれます。

その結果、あなたと相手の関係が、お互いにとって、とても居心地の良い場所になるのです。

自分の居場所が欲しいなら、今すぐ行動しよう

行動をする画像

今のあなたに、自分の居場所がない理由、そして、どうすれば、自分の居場所を創ることが出来るのかは、この記事を読んで気付くことが出来たと思います。

と言うより、あなたは、ずっと前から知っていたのではないでしょうか?

今のあなたに必要なことは、本を読むことでも、考えることでもないのです。

あなたに必要なのは、今すぐに自分の居場所を創るための行動を始めることです。

考えていても、行動をしなければ、何一つ変わらないのです。

今から、あなたの身近にいる人に、幸せを与えるよう、行動しましょう。

もし、今のあなたの身近に、そういう人がいないのであれば、出会いの場に行き、そこで出会った人達を楽しませることをしてみてください。

あなたが欲しいと思うものを手に入れるためには、まずは、あなたが先に与える必要があるということを忘れては行けません。

 

広告