人付き合いは時間の無駄?人と繋がりたいときに繋がればいい

広告

ゴミ山にある砂時計の画像

人付き合いは時間の無駄。」、「人付き合いに割ける時間なんてない。

日々の生活が忙しく、このように感じている人はたくさんいるのではないでしょうか?

特に、自分の人生の目的を明確に定めていて、その目的を叶えるために、日々努力をしている人にとっては、なるべく、人付き合いで時間を無駄にしたくないというのが本音ではないでしょうか?

人付き合いに割ける時間なんてない

歩く人と時計の画像

私自身も今、毎朝5:00に起きて、22:00には寝るという生活をしていて、自分の人生の目的を叶えるための作業に、ほぼ全ての時間を使っています。

こんな生活をしていると、どうしても人付き合いが疎かになってしまいます。

私は、人付き合いに割ける時間は、1週間に2時間だけと決めています。

ですが、1週間に2時間だけの時間で、親密な人間関係を築くことは、なかなか大変なことです。

1週間に2時間だけしか、人付き合いに時間を使わないということは、基本的に、相手からの誘いは全て断ることになります。

自分は相手からの誘いを全て断っているにもかかわらず、相手を2時間という制限付きで誘う。

このようなことをしていると、相手からは都合の良いやつで、自己中心的なやつだと思われてしまい、関係も疎遠になりがちです。

実際、自己中心的な考え方ですしね。

だからといって、自分が「やりたいこと」、「やるべきこと」に使っている時間を、削ること、こまめに友人や恋人と連絡を取り合うこともしたくありません。

人付き合いをすることを時間の無駄だとは思っていない

溢れるグラスの画像

だからといって、私は、人付き合いをすることを時間の無駄だとは思っていません。

なぜなら、「人は、ひとりでは幸せを感じることは出来ない」と、私は、考えているからです。

なので、人と出会い、交流することも大切にしたい。

しかし、職場の同僚や友達、恋人との人間関係では、どうしても、時間コストが高くなりすぎてしまう。

そこで、必要になるのが、人と繋がりたいときに繋がれる場です。

自宅でも、職場でもない、第三の場所です。

私は、ときおり、その第三の場所に足を運び、そこで出会った人と交流し、楽しむことをしています。

「今は、人間関係にたくさんの時間を割くわけにはいかない。」

「だからといって、人と全く関わらない生活は、したくない。」

このように考えている人は、私以外にも、たくさんいるのではないでしょうか?

つまらない人にはなりたくない

パソコンを操作する黒髭のビジネスマン

ただ、「人付き合いは時間の無駄」、「人付き合いに割ける時間なんてない」という人達の中に、たまに、とてもつまらない人を見かけることがあります。

努力家で、真面目な人なのに、一緒にいても妙につまらない人。

こういう人には、なりたくないと私は思っています。

そして、こういう、つまらない人は、大抵、人と関わる習慣がない人が多い気がします。

やはり、人間的な魅力は、たくさんの人と出会い、交流することで、身に付くものなのではないでしょうか?

どんなに忙しくても、人と出会い交流する楽しさを忘れてはいけない

バーの画像

なので、人と繋がりたいときに繋がれる場所はとても必要だということ、そして、人と繋がりたいときに繋がれる場所に、気軽に行ける習慣があることは、とても大切なことだと思っています。

どんなに忙しくても、人と出会い、交流する楽しさを忘れてはいけません。

今、目の前にいる人と楽しむ能力は、これまで以上に機械化されていく社会を生きて行くためには、特に重要に思えます。

人間らしさがない人間は、機械で代用出来てしまうのですから。

広告