あなたに友達がいないのはなぜ? 友達が出来ない原因と友達の作り方

広告

海辺にひとりでいる女性の画像

「友達がいない」という状態は、とても孤独ですよね。

最近は、ひとりの時間を楽しむ「ソロ活」という概念も出てきていますが、いつも、ひとり行動をしていると、味気なく、寂しい気持ちになりませんか?

「ひとりで映画」や「ひとりでカフェ」、「ひとりで外食」など、たまにであれば良い気分転換になると思いますが・・・

「何をするにしても友達と一緒」というのも問題だと思いますが、自分以外の人と共感する時間があるほうが、人生は豊かになるでしょう。

ですが、そうは言っても、自分には友達がいないし、作り方も分からないという人も多いと思います。

では、なぜ、友達がいないのでしょうか?

また、友達を作るためには、何をすればいいのでしょうか?

この記事では、友達がいない原因と、友達の作り方について、お伝えしています。

友達がいない原因

犬の縫いぐるみの画像

友達がいない原因は、いくつかあり、ひとそれぞれです。まずは、なぜ自分に友達がいないのか、その原因を突き止めましょう。

そもそも出会いがない

そもそも出会いがない。社会人で友達がいない人の大多数が、これだと思います。

平日は、会社と自宅の往復だけを繰り返し、休日の時間は全て、ひとりの時間にあてている。

こんな毎日を送っていると、そもそもの出会いがないので、友達が出来るはずがないですよね。

出会った相手に他人行儀にふるまっている

出会った人に対して、他人行儀にふるまってしまう人です。一見、人当たりは良さそうに見えますが、実は友達がいないような人です。

なぜか、周りの人にいつも嫌われてしまう

相手に対して、悪いことはしていないのに、なぜか、いつも相手に嫌わてしまう。

不器用な性格のため、友達がいない人です。

個性的すぎる

「個性的」過ぎるゆえに、集団で浮いてしまい、友達がいない人です。

友達の作り方

子供たちが考えている画像

次に、友達がいない人の原因別に、友達を作るために「するべきこと」、「してはいけないこと」についてお伝えします。

そもそも出会いがない場合

そもそも出会いがない場合は、当たり前ですが、出会いの場に行くしかないです。

具体的には、

  • 趣味のサークルに参加する
  • バーに行く
  • ボランティア活動に参加する
  • 街コンに参加する
  • イベントやセミナーに参加する

などですね。

勇気を出して、出会いの場に参加してみましょう。

誰に対しても他人行儀にふるまっている人の場合

クマと絵本の画像

出会った二人が親密な関係になるためには、お互いに自分のことについて心を開いて、話すことが大切です。

このことを心理学では、「自己開示」と言います。

自分の内面をお互いに話すことで、相手から信頼され、親密な関係が築かれるのです。

ですので、相手に対して、自分の内面を話すことを心がけましょう。

具体的には、相手に対して、以下のような話をすると良いでしょう。

  • 自分の大切な思い出について
  • 自分の趣味について
  • 自分が大切にしている価値観について
  • 自分の夢について
  • 自分が今頑張っていることについて
  • 自分の失敗談について
  • 自分の悩みについて
  • 自分が最近、感動したことについて
  • 自分が最近、興奮したことについて

誰に対しても他人行儀に振舞ってしまっているひとは、圧倒的に、自分のことについての会話が少ないのです。

相手の話を聞くことは、とても良いことです。

しかし、相手と親密な友達関係を築くためには、自分のことも話すことが大切です。

会話の主語を「あなたは」から「私は」に変えるように心がけましょう。

なぜか、周りの人にいつも嫌われてしまう人の場合

2匹の猫が威嚇し合っている画像

心理学の概念に「好意の互恵性(ごけいせい)」というものがあります。

これは、相手が自分に対して好意を持っていることを感じた時に、自分も相手に対して好意を持つ傾向のことを言います。

逆に言うと、相手が自分のことを嫌っていると感じると、自分も相手のことを嫌う傾向にあるのです。

なぜか、周りの人にいつも嫌われてしまう人は、無意識のうちに、相手に対して、嫌われていると感じさせてしまう行為をしてしまっているのかもしれません。

例えば、やたらめったらと世の中に対しての批判的な意見を言ってしまう人です。

普段の会話で、下のようなことを口にする頻度が多い人は、要注意です。

「スマホゲームの面白さがわからない」、「タバコを吸う人は迷惑極まりない」、「結婚なんて意味がない」、「お酒を飲む理由がわからない」、「小説の面白さがわからない」、「映画にお金を出すのはもったいない」、「スポーツの面白さが分からない」

普段の会話で、何気なくする会話に、このような否定的な発言をしていると、無意識に相手が大事にしているものを否定してしまう可能性があります。

自分が大事にしているものを相手に否定されると、自分自身を否定されたような感覚になり、否定した相手に対して、嫌悪感を抱きます。

ですので、やたらめったらと世の中に対しての否定的な意見を言わないように注意しましょう。

また、不器用な人は、自分が相手に対して好意を伝えようとしても、それが相手に上手く伝わっていない、もしくは、悪く伝わってしまうことがあります。

なので、相手に好意を伝えるときは、それが好意だということをわかりやすく伝える必要があります。

相手に好意が伝わりやすい具体的な行為として、以下のようなものがあります。

  • 相手を褒める
  • 笑顔をみせる
  • 相手の目を見て話す
  • 相手を見るときは瞳を大きくあける

最後の「相手を見るときは瞳を大きくあける」に疑問を持たれた方がいるかもしれません。

これは、「人は好きな人を見るときに、瞳を大きくあける習性があり、また、その大きくなった瞳は、相手の人に好かれる」ということが、心理学的に立証されているためです。

自分が心の中で相手のことを好きだと思っていても、それだけでは、相手には伝わりません。

なので、好意を相手に対して、わかりやすく伝える習慣を身につけましょう。

個性的すぎる場合

ONLY ONEのメッセージが描かれた画像

「類は友を呼ぶ」というコトワザにあるように、大抵の場合、友達同士には、似通っている特徴がありますよね。

これは、人は、相手と自分の類似性や共通点を見つけた時に、安心感を抱き、好意が生まれる人間心理によるものです。

日本人がほとんどいない海外に行き、そこで、自分以外の日本人に出会うと、意気投合し、仲良くなりやすいのも、このためです。

友達関係になるためには、お互いに対しての好意が必要です。そして、お互いに対しての好意を得るには、類似性が必要なのです。

そのため、個性的すぎる性格を持っている人は、相手との類似性が見つけにくいために、友達が出来ず、集団で浮いてしまっているのです。

しかし、個性的であることはとても良いことだと思いますし、友達を作るためにその個性を消すべきではないですよね。

では、どうすればいいのか?

一番良い方法は、個性的である人たちが集まる場に参加することです。

個性的である人たちが集まる場では、個性的であることが類似性になります。

そして、個性的な性格であるがゆえに、普段苦労していることなどを、個性的な人同士がお互いに話すことで、意気投合し、そこに、友達関係が生まれるでしょう。

最後に・・・友達とは何かを考える

猫とウサギの画像

ここでは、友達がいない原因と作り方についてお伝えしましたが、最後にもう一つだけ、お伝えしたいことがあります。

それは、友達を作る前に、あなたにとっての好ましい友達とは何かを一度考えてみて欲しいということです。

友達は人生を豊かにしてくれます。

しかし、その逆があることも事実です。

どんな友達関係が自分に合っているのかは、人それぞれ違っています。

そのため、単に友達が多いから良いのではなく、どんな友達関係を作れば、自分と相手の人生を豊かにできるのかを考えるべきなのです。

それなのに、世の中(マスコミや世間一般の風潮)に過剰反応して、自分に合わない友達関係を作ってしまうと、大きな不幸を招くことになります。

やみくもに友達を作るのではなく、はじめに理想の友達関係を描いてから、その理想をつくるための努力をすることが大切だということです。

広告